ホーム >>最新情報 >>パルミジャーニフルーリエ:虹の向こうに咲く百の花の奥
パルミジャーニフルーリエ:虹の向こうに咲く百の花の奥

スイスの時計製造の町から来たパルミジャーニフルリエも新しい作品をもたらしました。それらの中で最も目を引くのは、花に触発されたTonda Reine de Maiの時計です。 Tonda Reine de Maiの時計は、パルミジャーニフルーリエ時計製造センター近くの心地よい田園風景と花の美しい景色からインスピレーションを得ています。スーパーコピー時計の制作アプリケーションには、手彫り、ダイヤモンドセット、手作業で磨かれた、手作りの時計が含まれますサンドブラストやインレイの装飾を含む一連の芸術的技法。文字盤の花柄は機械で精巧に彫られ、手作業で仕上げられた後、白いマザー・オブ・パールの文字盤に嵌め込まれます。


文字盤が23もの異なる装飾工芸要素を凝縮していることは言及する価値があります。マザーオブパールは薄くて壊れやすいので、6つの繊細な花模様を彫るときに使用すると、特に時計職人の職人技をテストします。各花の底は手でサンドブラストされ、花びらはパルミジャーニフルーリエの熟練した職人によって1つずつ磨かれ、彫られます。同時に、文字盤を飾る5つのヒナギクが6つあります。そのうちの3つはローズゴールドで作られ、花びらは交互に研磨と彫刻が施されています。他の3つのヒナギクはホワイトゴールドで作られ、117個のダイヤモンドが手で嵌め込まれ、眩しく輝きます光。このマザーオブパールの文字盤の製造には、さまざまなプロセスに精通し、最大24時間かかる職人の協力が必要です。新しい時計は5個限定です。

時計には50時間のパワーリザーブを備えた自作のPF310ムーブメントが搭載されています。ジュネーブの波紋、魚の鱗、面取りされた橋などのクラシックな要素はすべて、パルミジャーニフルーリエの並外れた独創性を示しています。文字盤上の花のクラスターをエコーするこの22Kゴールドの振動ウェイトは、細心の注意を払って細工するのに20時間もかかります。これには、文字盤の製作とほぼ同じ時間がかかります。手彫りの装飾パターンは絶妙で美しく、4つのマザーオブパールメイデイジーの新鮮さと優雅さを強調しています。ローズゴールドケースの直径は36 mmで、カボションカットのホワイトオパールクラウンがはめ込まれています。ケースはポリッシュされ、ダイヤモンド70個がセットされており、総重量は2.09カラットです。ブレスレットには、ダイヤモンド906個が慎重にセットされています。 9.22カラット。



前ページ: Le Shiスポーツウォッチ
次ページ: Dewu App X NIVADA、時計ブランドの新しいファッションの解釈