ホーム >>最新情報 >>複雑なクロノグラフ:Jaeger-LeCoultre Compressor Extreme LAB 2
複雑なクロノグラフ:Jaeger-LeCoultre Compressor Extreme LAB 2

このCompressor Extreme LAB 2クロノグラフは、2010 SIHHジュネーブウォッチショーで発表されました。Jaeger-LeCoultreは、2012年と今年に赤と青のスポーツバージョンを発表しました。間違いなく冒険愛好家にとって理想的な選択肢です。


このスーパーコピー時計は、従来のクロノグラフの機能をはるかに上回っています。クロノグラフ機能は、デジタルウィンドウジャンプ方式を使用して60分の累積(12時のダイヤル)を表示することはめったにありません。60秒の累積は中央の青いポインター、24時間です 累積ディスクは9時の位置にあります。


「ラジアルパワーインジケーター」パワーリザーブ表示は別の複雑なものです。上ダイヤルの内側の円にある「青/白」の目盛り、白は残りのパワー、青の部分は消費された運動エネルギーを表し、パワーリザーブは最大60時間です 。


GMTの第2タイムゾーンダイヤルは6時位置にあり、リューズを押してさまざまな機能を切り替えることで調整できます。ケースの側面に8時位置に秒ストップ機能スライダーがあり、時刻をより正確に調整できます。



前ページ: モンブラントゥールビヨン円筒ヘアスプリング
次ページ: ローリングストーンズ:ゼニスエルプリメロ1969リミテッドクロノグラフ