ホーム >>最新情報 >>レディアーペルパピヨン自動バタフライテーマウォッチ
レディアーペルパピヨン自動バタフライテーマウォッチ

「レディアーペルパピヨンオートメイト」は、ジュエリーの文字盤に「バタフライ」をテーマにした複雑な詩的機能を追加します。


38mmホワイトゴールドケースにはブリリアントカットダイヤモンドがちりばめられ、文字盤はエナメル、ダイヤモンド、サファイアで構成されており、花の間のシーンを形成しています。文字の9時に花に3次元の「蝶」が降りてきます。 蝶のエナメルの羽が自動的に開閉し、このレプリカ時計の最も複雑な詩的な特徴になります。


「バタフライウイング」の1時間あたりの開閉回数は、装着状態に関係しており、時計を装着していない静止状態では「バタフライウイング」が1時間に19回開閉され、装着状態では1時間あたりの最大数に達します。 38回。 また、ケースの8時ボタンを押すと、いつでもこの素晴らしいシーンを感じることができます。



前ページ: 時計愛好家には欠かせない、WOLFが第2世代のFlatiron時計ボックスを発売
次ページ: 液体時間マーカー懐中時計:HYTスカル懐中時計スカルテーマ