ホーム >>最新情報 >>リチャードミル、RM 07-02自動巻きサファイアピンクサファイアケースウォッチを発表
リチャードミル、RM 07-02自動巻きサファイアピンクサファイアケースウォッチを発表

RICHARD MILLEリチャードミルリチャードミルは、RM 07-02自動巻きサファイアウォッチの新バージョンを発表しました。ケースはピンクサファイア製で、ベゼル、リューズ、ダイヤル、ムーブメントはダイヤモンドで装飾され、豪華で機械的な感覚に満ちています。


サファイアは世界で2番目に硬い宝石素材であり、サファイアにダイヤモンドをセットすることはさらに困難ですが、時計ケースを作成して磨くことは非常に困難です。 RICHARD MILLEは、レーザー技術を使用してサファイアにマイクロメートル精度のインレイ溝をカットし、次にミニチュアローズゴールドの爪を埋め込み、最後にダイヤモンドセッティングを実行して、サファイアとダイヤモンドの融合を実現します。


セミオープンの文字盤はサンドブラスト仕上げのローズゴールドで作られ、細長い針が2つあるため、時計全体がよりエレガントになります。文字盤の外輪はブリリアントカットのダイヤモンドで覆われ、中央の文字盤はバーガンディのジャスパーでカットされていますミネラルの自然な質感が各文字盤をユニークにしています。


CRMA5自動巻きムーブメント、スイング周波数28800vph、パワーリザーブ50時間を装備。このムーブメントのメインボードとブリッジは18Kローズゴールドで作られており、ハンドブラストと面取りが施されています。また、中空ローターにもブライトカットダイヤモンドが施されています。



前ページ: より強力なボールウォッチ仕様のエンジニアマスターIIダイバーワールドタイム
次ページ: スピリットオブビッグバンパステルセラミックダイヤモンドウォッチが春と夏の新鮮な味わいを明らかに