ホーム >>最新情報 >>サンドブラストは頑丈な性格、エルメスアルソー78をリリースします
サンドブラストは頑丈な性格、エルメスアルソー78をリリースします

時計のケースは40mmで、アルソーシリーズの中型サイズで、1978年の発売以来、あぶみの形で定評がありましたが、今回はアルソー78とは少し違うエルメスです。ベゼル部分にはサンドブラスト加工を施しており、ラグや側面の研磨処理との対比のみとなっており、これまでのアソーは明るい結晶までしか研磨していないという印象とは異なります。こういう変化がいいです。やっぱり磨きはキズや指紋などが残りやすいです。時計の見栄えを追求する人にとって、良い状態を保つのは本当に難しいので、砂吹きベゼルに交換してからポジティブな面は常に新しいものに近づく感覚を維持することができます。


フェイスプレートについては、Arceau 78の署名イタリックアラビア数字アワーマーカーは変更されていませんが、エルメスコピーはベージュの蓄光塗料を使用しており、無煙炭色のフェイスプレートにもサンドブラスト処理が施されており、灰色がかった黒の柳の葉のポインターなどが使用されています。これらの細かく調整された細部はすべて、この時計をすっきりとしています。アルソーシリーズで一般的な2レベルの文字盤デザインが欠けていますが、実際には、サンドブラスト仕上げの文字盤全体よりも劣っていません。ちなみに、時計は6時位置の日付表示窓にあり、日付文字盤も灰色の背景にベージュ色になっているため、全体の見栄えがより統一されています。


過去にも同じ機能を備えた両手+日付表示のアルコーウオッチを見てきましたが、当時はH1837ムーブメントを搭載していたので、もともとはエルメス製のメインムーブメントだと思っていましたが、ちょっと意外でした。アルソー78は実際にはクォーツムーブメントを使用しています。もちろん、これにより時計は比較的軽くて薄くなる可能性がありますが、ブランドについての真の考慮事項は現時点では不明です。少なくとも数日間は時計のことを心配する必要はありません。それを着て、一人で立ち止まってください。


アーソー78の命名、デザインの変更から内部のムーブメントの変更まで、オリジナルの機械式ムーブメントのスタイルとの違いがうかがえます。でも、機械式時計の鉄粉なら、この変身の様子を鑑賞しても、ムーブメントに関しては、これが切迫した欲望から見守り態度に切り替える鍵になるかもしれませんが、デザインはありません。オールインクルーシブで、受け入れられる限り、クォーツ時計を着用していても、スタイリッシュで幸せなクォーツ時計を着用できます。



前ページ: 「新しい時計」タイプ1スリムXオリーブグリーンダイヤル限定時計
次ページ: ステンレスボールウォッチボールウォッチエンジニアIIIパイオニア