ホーム >>最新情報 >>イタリアの時計業界は、徐々に回復傾向にある。
イタリアの時計業界は、徐々に回復傾向にある。

Mario PESERICOさん(イタリア時計メーカーとディーラー連合会長)は主に消費の状況からイタリア市場の時計業界の発展状況を分析しました。今の時計業界は経済危機の影響を受けていますが、各国間の競争が激化しており、各国の売り上げも伸びています。

イタリア時計メーカーとディーラー連合会長のマリオPESERICO氏は今回の「時計サミットフォーラム」で、金融危機の影響で市場が変化し、時計の販売量が減少していると述べました。イタリアでは多くのブランドの時計が発展していますが、時計業界にとってはまだ大きな発展傾向にあり、ここ数年、谷底からも徐々に回復し始めています。



前ページ: ファッション腕時計の需要が高まっています。
次ページ: オーウェの透かし彫りファッション腕時計OM 221