ホーム >>最新情報 >>日本の腕時計、世界時計史上の独自の存在
日本の腕時計、世界時計史上の独自の存在

日本のスーパーコピー時計が最も輝いていた時期に、当時のCITIZENは世界最大の時計メーカーになりましたが、多くの人がそれを意識していませんでした。しかし、技術的には、多くの先進的な技術を発明し、より正確なクオーツウォッチに応用しています。これは世界で初めて腕時計に最も薄い液晶時計を使用しました。また、潜水表に音声認識器と電気サブセンサーを備えています。もう一つはX-8と呼ばれる手です。時計は、世界で初めてチタンを使った腕時計です。1971年にCITIZENはまたSEIKOとETAムーブメント工場と協力して、超薄ムーブメントを開発しました。これらはCITIZENを腕時計電子時代のリーダーブランドにしました。

年に一度のバーゼル時計展には、SEIKOとCITIZENを含む二大日本ブランドのブースが隣接しており、1号館の2階席を占めています。星空のようなブースを飾って、数年来時計展でCITI-ZENの光エネルギーの研究開発を展示しています。

ここ数年、CITIZENは独自の「光運動エネルギー」腕時計を開発しました。今年のバーゼル腕時計では、新型のEco-Drive SATEL-LITE WAVE F 100腕時計はこの理念を堅持しています。過去の記録を更新したのは、衛星から腕時計までの正確なマッチングが3秒でできます。腕時計のデザインは、軌道衛星にエネルギーを供給する太陽電池パネルと、2点と4点の中空ボタンを使って衛星本体をシミュレートしたもの。同時に、スピード感をよりよく表現するために、4本の時計針はそれぞれ4つの独立したモーターによって制御され、移動と反応はより迅速である。ケースは宇宙金属の光沢と鏡面研磨の質感を持つ流線型のデザインを採用しています。チタン合金の材質の運用は腕時計を更に薄くし、厚さは12.4ミリで、世界で最も薄い光運動エネルギー衛星の腕時計となっています。



前ページ: GPハイタカシリーズのバラゴールド腕時計、紹介!
次ページ: スイスの腕時計は、なぜこんなに人気がありますか?