ホーム >>最新情報 >>日本の腕時計は、武漢に専門店をオープンします。
日本の腕時計は、武漢に専門店をオープンします。

外国メディアによると、日本のスーパーコピー時計専門店The Clock Houseは12月中旬に中国で初めての店をオープンする予定で、同社の初めての海外店舗となる。この専門店は日本製の腕時計を多数用意しており、行き届いた日本式のサービスでお客さんを接待しています。日本の人口が減少していることを背景に、The Clock Houseは中産階級の著しい増加した中国市場を開拓し、中長期業務を拡大したいと考えています。

「日本経済新聞」によると、The Clock Houseは中国武漢のイオンデパートに店舗を開く。1号店の面積は60㎡ぐらいです。日本ブランドの腕時計を中心に、シチズンやセイコーなど、主に2万~3万円(約1131~1697元)の商品を販売しています。デパート内の他の高価格表とは異なる価格帯の商品を選んで、どんどん増えている中流層の需要をつかむことを目指しています。

中国市場では日本ブランドに対する需要が増えていると言われていますが、日本の腕時計を扱う店は少ないです。特に千数百円ぐらいの商品を扱う専門店はほとんどありません。そのため、The Clock Houseは中国に店舗を開くことを決意しました。この専門店は3年以内に少なくとも武漢地区に10店舗を開設する予定です。他の地域での開店も検討する。



前ページ: スウィッチSwatch、夢シリーズ腕時計、紹介!
次ページ: Harry Winston第五大道Avenueシリーズジュエリー腕時計、紹介!