ホーム >>最新情報 >>3 D彫刻シリーズ陶磁腕時計、展示!
3 D彫刻シリーズ陶磁腕時計、展示!

陶磁器の彫刻は陶磁器の文字盤にある彫刻は微彫刻、浮き彫りなどの工芸に属しています。腕時計の陶磁器彫刻はもう焼き上げられた文字盤には彫刻できません。腕時計の文字盤はとても薄くて、力が少し大きいと壊れます。だから、腕時計の文字盤の彫刻師は胚胎の上で進みます。このような薄い文字盤の彫刻に直面しています。皆さんも工夫を凝らして、画面の立体感を保証します。深く刻んだので、文字盤が壊れないようにします。大師は簡潔な幾何形状ですべての構想の中の造型の細い点を総括して、段階があることをやり遂げて、勢いがあって、割合は調和して、重心は安定して、全体感は強くて、初歩的に作品の外郭と内の輪郭を形成します。 http://www.japan-nwatch777.com/sitemap.xml

陶磁器の文字盤の彫刻は、表から中まで、浅く深いです。浅いところを先に切り、深いところを掘る。また、服を裁断するような余裕を持つように注意する必要があります。民間の行話はよく言います。肥大を残して小を変えることができます。背骨の薄さを心配して、復肥しにくいです。



前ページ: 豪雅スマート腕時計、インテルプロセッサ搭載
次ページ: 尊皇ATTRACTION腕時計は、詩歌芸術のようです。