ホーム >>最新情報 >>6万元以下の腕時計は、消費税がかかりません。
6万元以下の腕時計は、消費税がかかりません。

昨日の午前、第二回中国(杭州)国際時計ジュエリービジネス大会の開幕式から、中国中小商業協会時計商分会はすでに国家の関連部門に報告を提出しました。時計の消費税の調整を提案します。同提案は、腕時計の特別消費税の課税ポイントを引き上げ、現在の1万元から1万元ずつ6万元に引き上げ、腕時計の税金負担を軽減し、中高級腕時計の国内市場の価格を下げることを提案している。この提案は多くの時計好きにとって、大きなニュースです。

スーパーコピー時計商分会の張華秘書長は「消費税の課税点を調整することで、同じ腕時計の国内外市場での大きな差を縮小でき、中高級時計の購買力を国内に残している」と話しています。

記者は大会から知っています。長期以来、中国は輸入表に対して高い関税をかけて特別消費税を徴収しています。その中で、時計の輸入関税は10%~30%の間にあります。また、単価が1万元以下の腕時計(輸入表は岸価格、国産表は出荷価格)に対して20%の消費税を徴収しています。起征点が低いため、大量の腕時計の税金は比較的に重くて、同じ種類、国内の市場価格はそれぞれ中国の香港、アメリカとフランス市場より45%高くて、51%と72%高いです。このようにかけ離れた国内外の価格差は中国の中高級腕時計の購買力の大部分が海外に流れます。

調査によると、近年中国大陸の顧客は香港の時計メーカーの接客源の80%を占めており、腕時計を買う大陸の顧客のうち、約3/4が単価2万元以上の輸入表を購入している。スイスの時計工場商会が提供した情報によると、中国人観光客の海外市場での消費額は中国内陸市場のスイスの消費額の2.5倍に相当し、中国の消費者の中で高級腕時計の購買力は2/3で海外に流出した。

中国商協時計商分会の調査統計によると、この二年間、中国の消費者が腕時計の単価を6万元以下とする割合は83%で、税金負担を軽減すれば、明らかに市場の価格を下げることができます。わが国の多くの消費者の購買支出を軽減しただけでなく、国内外の市場価格差を適当に縮小し、購買力の大量流出現象を緩和することができます。



前ページ: ハイエンド腕時計の特色ある工芸、注目に値する。
次ページ: 豪雅スマート腕時計、インテルプロセッサ搭載