ホーム >>最新情報 >>ハイエンド腕時計の特色ある工芸、注目に値する。
ハイエンド腕時計の特色ある工芸、注目に値する。

金銀細工スーパーコピー時計

古代の金銀糸細工は大昔のエジプトに起源し、紀元前3000年にシュメール人によって発明されました。その後インド、中国チベット、ギリシャ、イランで発展しました。

金銀糸細工は金師工芸の一種で、つまり固定金糸や銀糸を混ぜ合わせて、透かし格子の効果を示す装飾図案を作って、レースのように透き通ります。

例えば、カルティエRONDE LOUIS CART IER金銀糸細工の腕時計は尊くて厳かで、目の合う2匹のチーターはオーダーメイドのエメラルドグリーンの目を飾っています。この意匠独特の芸術傑作は多種の工芸タイプを融合させ、宝石から金銀糸細工までを象眼し、宝石から表を作るまで、彫刻から漆絵まで、更に金、プラチナとダイヤモンドなどの貴重な宝石の材質を使って、より高い芸術水準に昇華させます。カルティエマスター工芸工房の工芸巨匠たちは、金やプラチナのフィラメントを創作するには、専門的に作られた特殊な道具を採用する必要があります。細い糸はねじり、圧延、巻き付けを経て、小輪に切り、また金銀糸細工を使って図案を構成し、すべての元素は側面を通して底部ではなく固定されています。



前ページ: 張柏芝、宝時捷腕時計の新しいイメージ
次ページ: 6万元以下の腕時計は、消費税がかかりません。