ホーム >>最新情報 >>「シチズン エコ・ドライブ ワン」より、 腕への装着感を追求し
「シチズン エコ・ドライブ ワン」より、 腕への装着感を追求し

シチズン時計株式会社(以下 シチズン)は、世界で最も薄い※1光発電時計『エコ・ドライブ ワン』より、装着感をさらに極め、わずか2.1mm(設計値)厚のバンドを実現した3モデルを2019年7月上旬に発売します。


 腕時計レプリカ時計の本質を追求するために、2016年に誕生した、ケースの薄さ2.98mm(設計値)の世界で最も薄い光発電ウオッチ『エコ・ドライブ ワン』。


 2019年の新モデルは、装着感を更に高めるため、ステンレスバンドに着目。バンドの駒ひとつひとつの加工精度を高めることで、従来のステンレンスバンドより0.3mm薄い、2.1mm(設計値)の薄型バンドを実現しました。


 加えて今回は、『エコ・ドライブ ワン』で初めて、艶のあるブラックカラーが特長のシチズン独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC※2」をケースとバンドに使用したモデル(AR5054-51E)をラインアップ。『エコ・ドライブ ワン』のカラーバリエーションがさらに広がりました。


 ベゼルには、「薄さ」と「強さ」の相反する要素を満たす新素材、「サーメット※3」を引き続き採用。モデルによってサーメットのカラーを使い分け、薄さを極めたデザインを引き立たせます。


 正確に時を刻み続けるという時計本来の機能と、研ぎ澄まされた薄さを併せ持つ『エコ・ドライブ ワン』。腕に纏ったときの美しさと心地よさで、身に着ける楽しさを提案します。



前ページ: 2019新作 ジャガー・ルクルトから新作「ダズリング・ランデヴー・レッド」が登場
次ページ: 装着感アップ! 2.1mm(設計値)の薄さのステンレスバンドを実現