ホーム >>最新情報 >>アコード、新しい自動人形腕時計
アコード、新しい自動人形腕時計

細部がいきいきしている。白金や赤金のパーツを40枚も手作業で彫刻し、丁寧に組み立て、表情から胸に成竹した小さな愛神キューピットの腕と顔、蝶の極めて脆弱な足と触角まで、巨細を残していません。厚さが0.2ミリしかない木は針のように一つ一つ埋め込まれています。優れた表工芸で芸術の逸品を作り出しています。この革新技術はヨーロッパ特許を申請しました。薄くて立体感のある金塊は、縞瑪瑙やポリネシアの黒い真珠母貝の文字盤と対照的に、時をかけるシーンがより魔法的で、目がくらみます。http://www.japan-nwatch777.com/jphs/watchnews.asp

ユニークな自動人形のメカニズムは3年間にわたって研究開発され、ヨーロッパ特許二つを申請しました。三つのバネ箱は動力を確保して、冠を使って手動でチェーンを作り、蝶を優雅に羽ばたかせ、約2分間で300回扇動することができます。画面が側面の構図を採用していることに鑑みて、その迫真の効果は更に驚嘆させられる。

時のムーブメントに22 Kの金の振子陀を配備して、その上にも生命の車輪の図案を象徴することがいます。二種類の43ミリの直径の時計は豪華な魅力を表しています。流金の幻彩を流しています。各腕時計は28枚限定で発行されています。また、雅克徳羅工匠の直筆で署名された本物の証明書が付いています。時計の鑑賞家のために作られた楽しい作品です。愛の蝶の自動人形は夢にまで見られる貴重な時間を捧げます。チョウが羽をばたつかせて踊ると、時計好きは心酔した。



前ページ: 新しいスポーツ腕時計、男性が大好き!
次ページ: Harry Winston史詩陀飛輪8号腕時計